2007年10月31日

豆乳ダイエット

大豆をゆでて、すりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。

豆乳は日本人には馴染みのある食品と言えるでしょう。

畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく栄養素を含む自然健康食品の代表選手。

豆乳大豆とほとんど変わらない栄養素をふくみます。

大豆には「大豆サポニン」「大豆ペプチド」がふくまれています。

「大豆サポニン」脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分
「大豆ペプチド」
は吸収してしまった脂肪の燃焼をうながしてくれる成分です。

大豆製品のなかでも「豆乳」をおすすめするのは「液体」だから。

固形の豆腐にくらべても成分の吸収が優れているんです。

各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことも大切なポイントです。

食事の量も自然とすくなくなります。

豆乳はそのまま飲んでも良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。

その時に、大豆特有の甘さを感じるために砂糖やはちみつを入れないで飲みましょう。

また最近は、コンビニエンスストアなどで売っているジュースにも豆乳を使ったものがありますのでそういったものを利用しても良いでしょう。

いろいろなタイプのものを試していれば毎日飽きないで続けることができるんじゃないでしょうか。
posted by ルパン8世 at 15:58| 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。