2007年12月19日

チョコレート ダイエット



TVで話題のチアシードとチョコでこんなに美味しくダイエット!【チョコ】チアシード&カカオ71...


カカオ含有率70%以上のチョコレートを食前に食べれば、満腹中枢を刺激させて、ダイエットになるそうです。

あくまでビターチョコレートですが、痩せる効果が期待できる3要素があるのです。

1 食前にチョコレートを摂れば、血糖値をすばやく上昇させ、上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲を抑える。

2 カカオのタンニン食物繊維は便秘予防の効果があり、宿便分の体重を減らす効果がある。

3 カカオポリフェノールが甲状腺ホルモンを分泌させ、血流が上昇し、基礎代謝が高まり、消費カロリーが増え、痩せることができる。

うれしい事に、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、ダイエット以外にも多様な効果があります。

それは、動脈硬化などの成人病を予防・ガンの予防花粉症対策・ストレス対策に効果がある事です。

まさに、一石二兆です。

チョコレートダイエットのポイントは、

1 カカオ含有量70%以上のビターチョコレート
2 ミルクチョコレートは、カロリーを取り過ぎ、逆効果。
1日50gを、3回に分けて食べる。板チョコ半分程度を朝昼晩と3回に分けて食べるといい。

3 食事の20分位前の空腹時に少量をゆっくり食べる。

というものです。
posted by ルパン8世 at 00:00| チョコレートダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

チョコレートダイエット

チョコレートダイエットとは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを50g(板チョコで半分)程度1日に数回わけて食べることにより肥満を防止してくれるダイエット方法です。

チョコレートと聞くと、高脂肪高カロリーダイエッターには何かと攻撃されがちです。

しかしチョコレートの成分はダイエット健康に効果があるのです。

ダイエットに使うチョコレートは1.カカオ含有量70%以上のチョコレートを選びましょう。

また1日の摂取量は50gに抑えるようにし、食事の前など空腹時に摂取するようにしましょう。

チョコレートの主成分でもあるカカオには、タンパク質アミノ酸、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が含まれています。

また、カカオに含まれるポリフェノールが血液をさらさらにして代謝をアップしてくれます。

つまり、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え脂肪が血液中に残るのを防ぎ体脂肪率を上げにくくする働きがカカオにはあるのです。

そのカカオには痩せるが効果があるのです。

食欲の旺盛な方は食事をする20分ぐらい前に適量のチョコレートを、味わう程度食べます。

食前にチョコレートを食べることにより、満腹中枢が刺激されいつもより食事の量が少なくなります。

また チョコレートの甘い香りには、集中力と記憶力を高めてくれる効果があります。

さらにカカオはストレスによって増加するホルモンの分泌を抑え、精神的なストレスに対する抵抗力を強めてくれます。
posted by ルパン8世 at 16:27| チョコレートダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。