2007年12月18日

あるある大事典の注目ダイエット



ぴーかんテ○ビで放映!低炭水化物ダイエット!『ファセオラミン(白いんげん)』で下ッ腹ヤセ!


低炭水化物ダイエットです。

毎日の食事から炭水化物を抜くと、エネルギーの供給源を溜まった体脂肪へと切り替えるので高い効果がダイエットにあるそうです。

また、体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す活動が、同時によけいにカロリー消費になるため、食事制限の低カロリーダイエットよりも効果があります。

モニターは3日で2kgぐらい痩せていました。

炭水化物を完全に抜いたダイエット食というのは難しい。

プロボクサーでもない限り。

その上、炭水化物をまったく取らないと脳は必要とするエネルギーをブドウ糖でしか摂れないので、頭がボーっとしてしまう。

それじゃ、日常生活も出来ず、本末転倒です。

その解消のため、あるある大事典は、低炭水化物ダイエットを提唱しているんです。

脳が必要とする炭水化物は最低1日90グラム。

炭水化物1日90グラムの食事をすれば必ず痩せられるんです。

90グラムを計算するのは難しいので、炭水化物があまり含まれないものについては気にしない、高炭水化物な食品にのみ気をつける、夜の炭水化物に気をつける。

といったダイエット方法でいいそうです。

あんまり、食物に集中しすぎると、食物にとらわれて、ダイエットが進みませんよ。
posted by ルパン8世 at 00:00| 低炭水化物ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。

炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人向きのダイエット方法と言えます。

低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし減量とその体重の維持が可能です。

他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。

炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。

一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。

炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。

なのでまずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。
posted by ルパン8世 at 00:00| 低炭水化物ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。