2007年11月11日

見直され始めた断食ダイエット

最近のダイエット方法は運動を効果的に行うタイプダイエットが注目されるようになりました。

今まで、基本的に断食ダイエット健康面を考えるとしてはいけないというのが一般的な考え方です。

しかし一方で精神修行等の一環で断食という行為は古くから行われている行為です。

また、今では現代の食生活のありかたそのものが疑問視されつつあります。

過食暴食などにより胃や内蔵に負担がかかっていると言うことです。

断食がダイエットとして改めて認識されつつあるようです。

断食ダイエットは断食と半断食の二つに分かれます。

まず前者ですが、断食ダイエットといっても完全に断食するわけではありません。

一定の水分とダイエット食品のみで生活します。

もちろん、長い間の断食はおすすめできません

3日間くらいがお勧めです。

あまり長くやると健康を害する恐れがあるので要注意です。

断食の目的はやせることだけじゃないのです。

普段使いすぎている胃を休ませることが目的なのです。

現代の荒れた食生活でぼろぼろになっている体内の老廃物や有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、ダイエットに適した体になります。

つまり、断食自体は痩せるための前準備と考えるべきでしょう。
posted by ルパン8世 at 00:00| 見直され始めた断食ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

シモン茶でダイエット

シモン茶のシモンとは、中南米原産のヒルガオ科の植物でサツマイモの一種です。

原住民インデュオの間では秘薬として珍重されていました。

野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量に含まれています。

繊維質が豊富なため、原産地では2千年以上も前から民間薬として使われてきたようです。

腸内老廃物の除去などの効果があることでも知られています。

さて、シモン茶に使われているのはこのシモンの芋ではなく葉のほうです。

シモンの葉の特徴は驚異的な食物繊維の量です。

食物繊維が豊富といわれているきな粉が約17g、ひじきが約40gですが、それと比べて純シモン茶には約60gも含んでいます。

食物繊維が多いため、腸デトックスが可能なのです。

また、もの自体がお茶なので他のダイエット法との併用出来るでしょう。

そうすることで、より一層の痩せる効果が期待できるのではないでしょうか。

ただ、なかなかシモン茶自体が見つからない場合場あるでしょう。

やはりこういったものはスーパーマーケットなどよりインターネットで探したほうが比較的簡単に見つけられるようです。

機会があれば是非チャレンジしてみてはどうでしょうか??
posted by ルパン8世 at 00:00| シモン茶でダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。

炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人向きのダイエット方法と言えます。

低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし減量とその体重の維持が可能です。

他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。

炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。

一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。

炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。

なのでまずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。
posted by ルパン8世 at 00:00| 低炭水化物ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

スープダイエット

スープダイエット」は「食べてヤセる」方法として注目されています。

無理な食事制限が必要なダイエット法とは違い美味しく食べて、栄養もストレスも上手にコントロールできるのがスープダイエットです。

スープダイエットのメリットはいろいろありますが、ざっとあげると以下のの5点になります。

1.きちんと食べられる。
2.栄養バランスが優れている
3.ちゃんと味を楽しめる
4.満腹感を感じるやすい
5.ローカロリー。

また脂肪燃焼促進する食材を活用することでさらに効果的に痩せることができるでしょう。

リバウンドの繰り返しにならない理想的なダイエットを実現する為には、日々の習慣が「太らない習慣」になっている事が必須です。

チョコレートスナックなどの甘くて高カロリーなものを、間食・食後に食べる習慣のある人は、これを改善しない限りは、短期的なダイエットに成功したとしても、いずれかならずリバウンドしてしまいます。

ただ、この高カロリー食の間食の習慣を「スープ」に置き換えて、それを習慣化する事ができれば、これまでの悪循環を断ち切る事が出来るかもしれません。

もちろんですが、スープに置き換えても量が多ければ意味がなくなってしまいます。

奇麗に保つ努力は忘れてしまわないよう常に意識できるのが理想です。
posted by ルパン8世 at 00:00| スープダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ウォーキングダイエット

やはりもっとも健康的なダイエット食事を制限したものではなく運動をメインにしたものと言えるでしょう。

無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものと言えばウォーキングでしょう。

身運動としては1番ムリがなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングです。

効率よく背筋を伸ばし歩幅を普段歩くより広げ腕を大きく振り腰をひねるようにして早足で歩きます。

かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。

1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。

脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、止まらないで歩きたいものです。

ウォーキングをする上で姿勢もだだし歩くことで効果がさらにあがります。

またスピードは少し息が上がるくらいのスピード歩くようにし、決して無理はしないようにしましょう。

持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。

また、時たま早起きして早朝ウォーキングをされる方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にもなり効果もあまり望めないのでおすすめしません。

あくまで自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキング良いところです。
posted by ルパン8世 at 00:00| ウォーキングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。